個別認定も地下ピットも不要

個別認定も地下ピットも不要

コストダウンと工期短縮につながる

ミューソレーターによる床免震は、通常の耐震建築に床仕上げ工事をするだけなので、免震建築としての個別認定や、告示認定を受ける必要がありません。したがって、3~6ヶ月の審査機関が短縮されます。
また、積層ゴムを用いないので、地下ピットも不要になり、大幅なコストダウン・工期短縮になります。

一般の免震建築の場合

一般の免震建築の場合

ミューソレーターの床免震の場合

ミューソレーターの床免震の場合
医療・研究機関用 美術館・博物館用 倉庫・工場用 RAS用 フリーアクセスフロア用 ラックエリア用 よくある質問を見る 動画を見る パンフレットを
ダウンロードする
ご採用後の注意事項

お問い合わせ

03-5289-0066

【受付時間 9:00-18:00】


メールでお問い合わせ

【受付時間 24時間受付】