ミューダムについてのQ&A
下記に無いご質問は電話かメールでお問い合わせください

ミューダムについてのQ&A

質問一覧

質問 耐震、免震、制震とはどういうものでしょうか?

回答 耐震は、金物、ボルト、筋交い、構造用合板などを使って強度で地震に対抗します。
免震は、建物の下に免震層を介在させることで、地震の揺れから免れます。
制震は、もとの耐震性能を維持させるために、地震のエネルギー(揺れ)を吸収して、熱に変換し揺れを抑えます。

質問 「ミューダム」ってどんなものですか?

回答 ミューダムは世界初の「金属流動」を利用した画期的な制震ダンパーです。地震時にミューダムが伸び縮みして金属流動し、地震エネルギーを熱エネルギーに変換し、揺れを減らします。

質問 「ミューダム」に採用されている「金属流動」とはどのようなものですか?

回答 金属流動とは、特殊な組み合わせ(アルミと鋼材)の金属を強く面圧を保持したまま滑らそうとすると、両社の接触面同士が焼き付いて、金属結合により完全接着されます。それでも無理矢理滑らそうとすると、アルミ自身の層で流動します。これを「金属流動」と呼んでいます。
「金属流動」に関する詳しい解説は、こちらをご覧ください。

質問 他社の制震装置との違いを教えてください。

回答 高減衰ゴムや、オイルを使用した制震装置と比べ、「金属流動」を利用することで気温や揺れの速度の変化に影響されず、非常に安定した性能を発揮します。
また、金属流動部の摩耗もごくわずかのため、繰り返しの地震に対しても性能を発揮します。

質問 ホールダウン(補強金物)を強くする必要はありますか?

回答 壁倍率に応じたN値計算で選定されるホールダウン金物を使用してください。

質問 どのような地震に対しても対応できますか?

回答 ミューダムの性能は速度に影響されないため、長周期地震・短周期地震のどちらにも対応します。

質問 「ミューダム」を入れることで、筋交い減らすことはできますか?

回答 耐力壁として壁倍率(2.2倍、2.3倍)の国土大臣認定を取得していますので、減らすことが可能です。

質問 ミューダムの配置箇所はどのようにして決めていますか?

回答 設計ご担当者様に、耐力壁を配置する際、ミューダムも併せて配置していただきます。配置ルールは設計・施工マニュアルをご確認ください。

質問 どんな工法でも使用できますか?

回答 在来木造軸組工法で使用できます。

質問 ミューダムの耐久性を教えてください。

回答 材料は鉄骨住宅と同様の手法で60年以上の耐久性が確認されています。
また、万が一錆が発生した場合でも、性能の低下がないことが、塩水噴霧試験で確認しています。

質問 ミューダムの施工は難しいですか?

回答 本体重量は約7kgと軽量のため、一人で楽に施工が出来ます。また、ダンパーを固定するビスも46本と少なく、1基当たりの施工時間は15分程度です。

質問 繰り返しの地震で強度は落ちますか?

回答 摩擦ダンパーと違い、金属流動部の摩耗はほとんど発生しません。そのため、京都大学防災研究所で、兵庫県南部地震規模の揺れで振動実験を行った結果、10回程度の地震を受けても、ほとんど強度が落ちることはありませんでした。

質問 保証はありますか?また、どのような保証で、何年間の保証ですか?

回答 製品の瑕疵に対して設置後10年間です。

質問 火事になった場合、ミューダムが火災を大きくしてしまうことはないでしょうか?

回答 すべて金属でできていますので、燃えることはありません。

質問 リフォームを計画中です。ミューダムを利用できますか?

回答 (一財)日本建築防災協会の評価を受ける予定です。評価取得後に自治体などの補助金を受け取ることが可能となります。

質問 ほかの耐力壁との併用はどのようにして施工しますか?

回答 告示・大臣認定共に面材耐力壁との併用が可能です。筋交いとの同一壁内での併用は出来ません。

質問 適用範囲を教えてください。

回答 在来木造軸組の柱寸法105ミリ以上、柱芯々間900ミリから1000ミリ、横架材間内法寸法2340ミリから2925ミリと、幅広い適用範囲で、大臣認定を取得しています。

質問 実際の施工は誰が行いますか?

回答 筋交いなどと同様に、現場を担当する大工様にお願いしています。

質問 ミューダムの性能がわかる実験結果などを知りたいのですが?

回答 京都大学防災研究所で実施した振動実験で、兵庫県南部地震規模の揺れを与えた結果、従来の木造筋交いの場合と比べて建物の変位量を85%も低減させることができました。 また、防災科学技術研究所で実施した実物大振動実験(2階建て木造住宅)でも、同様にミューダムの性能は発揮され、特に2階部分の揺れ幅は、80%の低減が確認されました。

質問 アルミと鋼材と記載されていますが、鋼材は鉄と考えてよいでしょうか?
アルミと鉄はイオン化傾向が違い両者が接触するとアルミがぼろぼろに電解腐食してしまうと教えられてきました。
この点につき、経年的に問題はないのでしょうか?

回答 鋼材は鉄と考えて良いです。電解腐食の件ですが、異種金属が接触して腐食する要因の①異種金属との電気的短絡②水の存在③電解質の存在(塩素イオン等)の3大要因がすべて揃った場合に腐食する可能性が発生し、種々の状況が腐食に影響を及ぼします。従いまして、当社の見解としまして、異種金属との電気的短絡だけで腐食が起きることは考えられません。加えて、塩水噴霧を10日間実施し、錆びを発生させた状態と錆のない状態との比較強度試験を行いました。結果、強度は低下しないことを実験で確かめております。詳しい説明をお聞きになりたい方は、弊社までお問合せください。

質問 正式に、実験の生データを見せていただけますか?

回答 パンフレット記載のものが評価試験時のもので、生データです。

質問 ゴム系ダンパーとの違いは何ですか?

回答 ゴム系ダンパーは、ダンパー部分が粘弾性(ゴム系)の材料なので、温度や速度の影響を受けやすく性能が安定しにくいです。特に、夏場と冬場の違いは大きい。また、施工面では、本体重量は重く、ダンパーを固定するビスの数も多いため、施工に手間がかかります。一方、「ミューダム」は異種金属の摩擦による金属流動現象を利用した材料なので、温度や速度の影響を受けにくく性能が安定している。施工面では、本体重量は7kgと軽量で、ダンパーを固定するビスの数も少ない(総数で46本)ので、設置時間も1ヶ所5分位で、1棟1人工程度の施工手間で済む。
よくある質問を見る 動画を見る パンフレットを
ダウンロードする

お問い合わせ

03-5289-0066

【受付時間 9:00-18:00】


メールでお問い合わせ

【受付時間 24時間受付】