ガムロック
お知らせ Information

家具・家電の転倒&滑り防止
ガムロック|GumLock

ガムロックNewBBタイトル

ガムロックシリーズ最大300kg対応

プレートサイズ11.4cm×8cmのビッグサイズ。オフィス家具等の大型家具や冷蔵庫等の大型家電の転倒防止に。設置済みの家具・家電にかんたんに取り付け可能です。

ガムロックNewMBタイトル

便利なバックルベルト式

バックルを外せば、お掃除や配線の組み換えなどラクラク。接着プレート間の距離(中心~中心)は9cm~18cmまで調節が可能です。パソコンデスクや一般家具に。

ガムロックSBタイトル

使い勝手のいい万能タイプ

スモールサイズで目立たず設置。40cmのベルトで壁から離れた家具・家電の対策や、パイプラック支柱のループ固定に。接着プレート間の距離(中心~中心)は7cmから30cm。

ガムロックLLタイトル

高さのある家具・家電に

オフィス家具や大型家電向け。付属のゲルパッドと合わせて設置すれば、冷蔵庫など高さのある家具・家電の転倒&滑り防止対策として高い効果を発揮します。

ガムロックPCタイトル

精密機器を衝撃から守る

衝撃(振動)に弱いパソコン本体やプリンター等の精密機器、デジタル機器の転倒防止対策に。側面・底面どちらでも固定が可能です。

ガムロックTタイトル

100kgまでの一般家具向け

食器棚や洋服ダンス、ローボードなど、100kgまでの一般家具向け。剥離紙のタブを引くだけで、かんたんに取付が可能です。

ガムロックPLタイトル

滑り止め&衝撃吸収ゲルパッド

滑り防止の他、絵画や壁時計の揺れ防止や、高さの低いパソコン、DVDレコーダー、置物や仏具の転倒防止に。他のガムロックとの併用で、高さのある物をより安全に固定します。

ガムロックリムーバータイトル

専用取り外しツール

強力な粘着材も専用取り外しツール「ガムロックリムーバー」でキレイに取り外しが可能。洗って何度でも使えるので、お引越しやお部屋の模様替えをしても無駄なく使い続けられます。

用途に合わせて7種類ガムロックで自由自在に転倒対策
ガムロックの特長タイトル

1. 壁紙・塗装壁に直接貼れる

一般にきわめてもろいと考えられている壁紙や塗装壁での使用を前提に開発しました。公的機関の振動実験や東日本大震災をはじめとした大地震時においてもその性能が確認されています。

テレビも倒れず壁紙も破れません

2. 震度7環境での転倒防止性能

公的機関(財)建材試験センターでの振動テスト(兵庫県南部地震の1.2倍=震度7)において、総重量300kgのスチール家具や薄型液晶テレビなどの転倒防止性能が確認されています。

3. 洗って何度でも使える

「ガムロックリムーバー」でキレイに取り外しが可能。また埃や脂汚れなど、中性洗剤で洗うだけで粘着力が復活し何度でも使用できます。

キレイに外せます

4. 簡単取り付け・取り外し

取り付けは裏紙をはがして壁と家具に貼り付けるだけ。取り外しも粘着体に緩いウエイトをかけ続けるだけでかんたんに外れます。バックル式なら、お掃除などの際にベルトを外すだけで移動できます。

5. 衝撃力を1/4に軽減

強粘着材が面で柔らかくエネルギーを吸収します。壁や家財にかかる力は、ネジを使った点固定に比べ約1/4に軽減されるため、高い転倒防止効果が得られます。

粘って衝撃を吸収します

6. 壁を傷つけない

ガムロックはネジやクギを使いません。家具と壁を強粘着材でつなぐことで力を分散し、ネジよりも効果的に家具を固定します。壁に穴を開ける必要がありません。

7. 今ある家具に設置できる

古い家具・家電でも、買ったばかりの新しい家具・家電でも、オフィス家具でも、壁面へも机面へも、設置状況に合わせて簡単に取り付けられます。

ガムロックの使用例タイトル
ガムロックの使用例
ガムロックの使用例
ガムロックの性能タイトル

粘って柔らかく衝撃吸収

ガムロックのゲルパッド(強粘着材)が変形し、家具・家電や壁への衝撃を約1/4に軽減します。

ガムロックが柔らかく衝撃を吸収

面全体に力を分散

ガムロックは、どんな角度からでも常に中心に力が働き、面全体にバランス良く力が分散されます。

ガムロックは面全体に力を分散

転倒しやすい家具・家電と
滑りやすい家具・家電

背の高い冷蔵庫やタンスは大きな揺れで転倒しますが、背の低いサイドボードやテーブルは、転倒する前に滑ってしまいます。極端な例を挙げると、ノートPCやDVDレコーダーのような薄いものは、転倒する可能性はなく、滑る可能性しかありません。
つまり背の高い家具・家電には転倒防止対策が必要で、背の低い家具・家電には滑り防止対策が必要ということになります。

転倒・滑り解説イラスト

上部固定=正しい転倒防止策

電車に揺られてもつり革につかまれば転びません。逆に足下だけを固定されると簡単に倒れてしまいます。家具や家電の転倒防止も同じ。上部を固定するのが正しい転倒防止対策です。

電車内イラスト

柔らかく留めた方が転倒防止効果が高い!
ネジで強固に留めるより、強粘着材で柔らかく留めエネルギー吸収させた方が、器具にかかる力が約1/4に軽減され転倒防止効果が高いことがわかりました。
下部だけ留める方式は転倒しやすい!
家具の下部は自然に滑らせ上部を強粘着材で留め、上下の総エネルギー吸収量が転倒防止に効果的。


製品に関するお問い合わせ

TEL 03-5289-0066(代表)
受付時間:9:00~18:00
土日祝および弊社指定休業日をのぞく

資料請求やメールでのお問い合わせ



PAGE TOP